スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Frances Bean Cobain
いつの間にかこんなに大きくなっていたのか・・・。

彼女の名前はフランシス・ビーン・コバーン。Nirvanaのカート・コバーンと、今やハリウッド女優として活躍しているコートニー・ラブ(元はロック歌手)を親に持つ色んな意味でのスーパーサラブレッド!です。生まれたばかりのフランシスとカートの親子写真を見た事があるという人も多いのでは?
 ドラッグや暴力、親権剥奪などゴシップには事欠かない母コートニーですが、その反面教師と言ったら良いのか分かりませんが娘は真っ直ぐに育ってくれたようで。Nirvanaファンの人にとっては色々な思いがあるでしょう。彼女に色々なものを期待してしまうのは自分だけではないはず・・・。今世界で最も注目されているティーンの一人と言っても過言では無いと思います。 

frances-5.jpg右の写真のフランシスはドキっとするくらいお父さんに似ていますね。意志の強そうな目と口の具合はまさしく瓜二つ。本人はまだ将来の事は考えていないようですが、音楽の素質はきっとあると思うのですよ。いつの日かギターを手にして父の遺した歌を歌ってくれる・・・そんな時が来るのを願わずにはいられません。でもまぁあのコートニーの事だから娘を音楽業界に出すのは目に見えてはいるのですが・・・。


----You Tubeで見ることが出来るNirvanaのライブ映像でお気に入りのものをいくつか----

Drain You (MTV Live And Loud)
Breed (MTV Live And Loud)
Scentless Apprentice (MTV Live And Loud)
Where Did You Sleep Last Night (MTV Unplugged)

どれもかっこよすぎです。特に"Where Did・・・"の4分15秒辺りはぜひとも見てもらいたい!しびれます。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2006/07/29 12:10】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
rinocerose -schizophonia-
ライノセラスの"schizophonia"を買いました。'06フジロックの出演アーティストです。

rinoceroseはジャン=フィリップ(Jean-philippe freu)とパトゥ(Patrice carrie)によって95年に結成されたフランスのエレクトロニカ・ロックバンド。ちなみにこの"rinocerose"の由来は心理学者(!)でもある彼らが出会った、とある精神病の患者が書いた絵のタイトルから取ったものという事。バンドやってて心理学者とはすごいな。それを知るとアルバムの曲ひとつひとつがどことなく精神の奥底に響いてくるような感じがしてくるから不思議です。そういえば女性のエレクトロニカってあまり聞かないかも。結構珍しいですよね?自分も買うまでメンバー構成は全く知りませんでした。

rinocerous_2.jpgフランスのエレクトロニカと言えば"Air"や"Telepopmusik"などが有名ですが、これらのしっとりした叙情的な雰囲気とは違ってかなり尖った印象をこのアルバムからは受けました。エレクトロニカ・ロックというジャンル分けも納得です。でもヨーロッパのバンドってどことなく共通したにおいを感じるんだよな。 

6曲目の"pleasure and pain"はかなりのオススメ。ぜひとも生で聴きたかった・・・。関係ないですが7曲目の"my demons"がやたらとスマパンのビリー・コーガンの歌声に似ている気がします。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2006/07/09 19:59】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
CIBO MATTO -STEREO TYPE A-
サマーソニックまで残り一ヶ月ちょっとになりました!そろそろ予習しておかないとだな~。本日の購入CDはCIBO MATTOの「STEREO TYPE A」、サマソニとは関係ありませんが・・・。

羽鳥美保と本田ゆかによって94年に結成されたCIBO MATTO、世界をまたにかけて活躍するガールズバンドであり、そして羽鳥さんはヌードル(@GORILLAZ)の中身の人であったりもします(バンド自体は現在活動休止中。復活希望!)

この"STEREO TYPE A"、評判通りものすごく完成度が高いアルバムでした。ちゃっかりショーン・レノンも参加していたのね。「女性」、「世界で活躍する日本人」という自分の音楽フェチ?を見事に突いているCHIBO MATTO、好きにならないはずがありません。しかもエレクトロな感じがまたツボを上手い具合に刺激するんだな・・・。2、6、7曲目が特にお気に入りです。

さて、世界で活躍する日本人アーティストという事で前回"The Go! Team"のカイさんを紹介したのですが、ななんとご本人から当ブログにコメントを頂いておりました!!「おりました」というのは三ヶ月ほどブログに空白があったのでその貴重なコメントに気付いていなかったというのがありまして・・・はは。管理人だけが見られる設定になっているのでお見せする事は出来ませんが、たくさんの量のコメントを頂きまことに恐縮の至りでありました。またここをご覧になるかは分かりませんが、これからも身体にはお気を付けて頑張っていってください! 

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2006/07/09 00:59】 | ムジーク | コメント(3) | page top↑
We Are The World


あの名曲”We Are The World”のビデオを観る事が出来る所を発見しました(こちらから)。周りにちょいとアレな広告が出ますが気にしないでください。 

しかし改めて見るとものすごいメンツですね・・。日本で例えれば過去の金メダリストを集めて筋肉番付のような番組を一本作るようなものか。もう二度とこのような曲は産まれないだろうな。この頃のアメリカは嫌味無しにほんとに凄い国だと思っていた。

"We Are The World
We Are The Children
We Are The Ones Who Make
A Brighter Day
So Let's Start Giving
"


この曲を知っている人も知らない人も一度は見てみてくださいな。オススメです。

テーマ:懐かしい曲 - ジャンル:音楽

【2006/03/31 12:23】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
第48回グラミー賞2006


今日は第48回グラミー賞の発表がありましたね!昼の放送は見れなかったので22時からの再放送をしっかり録画しようと思います。

主要4部門の受賞者は・・

最優秀新人賞
 John Legend   
年間最優秀楽曲
 U2 "Sometimes You Can't Make It On Your Own"
年間最優秀レコード
 Green Day "Boulevard Of Broken Dreams"
年間最優秀アルバム
 U2 "How To Dismantle An Atomic Bomb"

U2が主要2部門獲得!噂のマライアの受賞は無かったですね~。

グラミーは賞うんぬんよりも途中のパフォーマンスがとにかく面白い!今年はどうやらオープニングアクトであのGorillazが出てきたとか。ど、どうやって?すんごく気になる!
続きを読む

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2006/02/09 17:47】 | ムジーク | コメント(2) | page top↑
nice day - Persephone's Bees


何だかやられました。

"Persephone's Bees"はロシア出身のシンガーソングライターAngelina Moysov(手前のお姉さん)とTom Ayres(サングラス)のアメリカンポップユニット。写真の後ろ二人は恐らく・・・関係ありません。見た目かなりの70年代テイストですが今の人達です。

niceday.jpg彼らの2005年最新曲「nice day」のPVなのですが、これがものすごーくサイケな作りになっているのですよ。まるでゴッホの絵の中にいるようなぐるんぐるんした空模様とファンシーなお花畑。どこかグリム童話か何かで見たような景色の中をAngelina嬢が闊歩していきます。

とにかくスゴいセンスだなぁの一言。歌の方もゆったりとしたテンポで中毒性が高くじわりじわりと脳を侵食していきます。サビの「ラーラララー♪」の部分がなかなか頭から離れない・・・。映像と合わせてかなりトリップ気味な歌に仕上がっています。よーく聴いてみるとAngelinaの声と歌い方はどことなくLOVE PSYCHEDELICOに似てる気がしますね~。おぉサイケで繋がった!お後が宜しいようで・・。 

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2006/01/25 23:44】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
Jukebox - Bent Fabric 


ラジオから久々にアンテナにぴーんと引っ掛かる曲が流れてきました。良く思い返せば昨年末から何回か耳にした事があるような。さっそく調べてみると・・

"Bent Fabric"の「Jukebox」という曲という事が判明。ん?・・・な、なんとBent Fabricの正体は御年81歳のおじいちゃん!バリバリ現役のジャズピアニストだそうです。この「Jukebox」は彼と"Allan Vegenfeldt"なる若き男性とのコラボ曲。んんー最初に聴いた時は思いっ切りエレクトロポップのにほいがしたんだけどな~。まさか81歳のおじいちゃんが出演してるとは思わなんだ。

かなり気になるので今度タワレコに行って現物を見て来ようと思います!てかたぶん買っちゃうんだろうなぁ・・。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2006/01/24 00:08】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
Battle Funkastic - Hotei vs Rip Slyme
hotei.jpg

今月25日に発売される布袋寅泰とRip Slymeのマッシュアップ(Mush Up)企画シングルです。マッシュアップとは二つの楽曲を組み合わせて曲を作り上げる事を指すDJ用語です。アメリカだと最近はKanye WestやJay-Zなどが有名ですね。Jay-Zとリンキンパークのマッシュアップはカッコ良かったなぁ。日本でのマッシュアップはこれが初という事です。

今回は映画Kill Billのテーマ曲でもお馴染み、布袋寅泰の"Battle Without Honor Or Humanity"とRip Slymeの"Funkastic"とを元に「マッシュアップ」した曲となっています。実は今まで布袋さんがキルビルのテーマ曲を作曲をしてた事を知りませんでした・・。

布袋さんのギターが凄くクール!布袋ファン、リップファンは勿論の事キルビルファンもぜひぜひ聞いてもらいたい一曲です。2006年最初の話題をさらいそうな予感。


あ、関係ないけどTRFが新曲を出すようですね。TRFって・・中学の頃流行っていたなぁ。

テーマ:気になるミュージック - ジャンル:音楽

【2006/01/06 17:33】 | ムジーク | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。