スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「本能寺の変」本当の謎
4890631852.01.LZZZZZZZ.jpg

暇つぶしにぶらりと立ち寄った本屋でふと手にとって読んでみた本です。日本史は昔から苦手でしたが戦国時代だけは得意でした!「信長の野望」で鍛えられましたからね~。すっかり読み耽ってしまいました。

「本能寺の変」といえば、戦国時代明智光秀が主君織田信長に謀反を起こし本能寺にて暗殺をするという事件ですが、この本では実は謀反を起こしていたのは信長の方だった!という説を展開しています。
大名である信長が誰に謀反を?これはそう、当時の朝廷であり天皇に対しての謀反です。調べてみると、本能寺の変は天皇に背いた信長に対する天罰だったとか、光秀・徳川家康の共謀だったとか色々な諸説があるようですね。いつの時代でも天皇家を排除するという行動はタブー中のタブー。自らが日本の頂点に立つと考えていた信長は、天皇家にしてみれば目の上のたんこぶもいいところだったでしょう。この本では事件が起こった前後数日間の状況が徹底的に分析されていて、とても説得力に満ちた構成となっています。戦国好き、ミステリー好きにはたまらないかもしれません。

-------------------------------------------------

先に書いた家康との共謀説ですが、詳しく書いてある人のページを読んでなるほどーと思ってしまいました。史実では本能寺の変後、中国方面から引き返してきた秀吉軍と光秀軍が山崎の戦いを起こしますが、光秀は敗走し途中地元農民によって殺されてしまったというのが定説です。実はそこで光秀は殺されておらず、逃げ延びて家康の元に辿りつき名前を変え江戸の世まで生きていたというのです。徳川二代将軍忠、徳川三代将軍家の名前も光秀から名前をとったとか、方広寺の「国家安康君臣豊楽」のいちゃもん事件も光秀の入れ知恵だったとか・・面白いですよね。

実際私達現代人が当時の事を知りえる手がかりなんてわずかに残されている資料だけ。今のようにマスメディアが氾濫しているわけでもないし、言論の自由が保証されているわけでもないし、史実を記した貴重な資料!と言ったってそれが当時の権力者によって故意に捻じ曲げられたものかどうかの判断は我々には難しいところです。やっぱりタイムマシーンでも作らない限り本当の歴史なんて分からないわけですよ。まぁだからこそ歴史にはミステリーがあって面白いのですけれどね。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/11/25 01:04】 | 読み物 | コメント(0) | page top↑
<<本物? | ホーム | 川端龍子展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。