スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Trip to Hakone
いやー良い旅でした。天気が少し悪かったのは残念だったけど逆にかんかん照りよりは動きやすくて良かったかな。ぜひともまた行きたいと思います。


senjyo


○出発・・新宿駅
 箱根登山ハイキングパス(¥2940)を買って小田急線に乗車!初めはフリーパスはいらないかなぁと思ったけど、ほんとに買っておいて良かった。しかしこの時間違えて江ノ島方面に乗っていたとはつゆ知らず・・海水浴客が増えてきておかしいと思ったんだよな。急いで湘南台で下車→相模大野まで引き返しました。

○昼飯・・箱根湯本駅
 駅の近くを流れる川(早川)がすごく良い感じだったので、弁当を買ってそこでお昼タイム。蒸し器で温めてくれたのが嬉しかったな。

○ハイキング・・畑宿バス停
 湯本駅前から登山鉄道バスに乗って15分程行ったところにある畑宿の停留所で下車。旧街道を「登る」コースを選んだのだけど・・考えが甘かった!途中のかしの木坂七曲がりは重い荷物を背負って歩くにはかなりの大変な道。猿滑坂まで来た時にはもう汗だくでした。それを抜けたところにある甘酒茶屋で一休み。300年以上の歴史があるなんてすごいっす。
 甘酒茶屋を出た辺りで雨が強くなってきたので、予定を変更してバスで元箱根まで行く事に。停留所で待っていたら、見知らぬ老夫婦がなんと車を止めてくれました!世の中こんな人情に溢れた話もあるんだなぁと感動の涙です。


amatya


○芦ノ湖散策
 車で元箱根まで乗せて頂き、そこから箱根神社→杉並木→箱根関所跡と芦ノ湖の周りをぶらぶら。関所の近くの甘味亭で軽く食べたかったのだけどオーダーストップした後でした。残念。その後はバスで夕食を食べに強羅へ向かいました。

○夕食・・強羅
 強羅駅前まではバスは行かなかったので少し離れた強羅入口というバス停で下車。彫刻の森美術館や餃子センター、強羅環翠楼の横を抜け強羅駅前へと向かい、前から目を付けていた田むら銀かつ亭へ。天重を美味しく頂きました。ちょうど空いている時に食べる事が出来てラッキーだったな。

○宿泊・・大平台
 強羅から箱根登山鉄道で大平台へ。夜の登山鉄道も遊園地のアトラクションみたいで面白いです。宿泊先は「玉の湯旅館」。ちょうどその日は大平台のお祭りの日だったので、宿に荷物をおいてぶらりと祭りの見学へ。盆踊りの音楽が最後にはパラパラみたいな曲になっていたのが面白かった。ここの温泉は保温効果がすごい!今まで温泉の効能なんて気にした事がなかったけど、これは看板に偽りなし!だと思います。連れも「お肌がツルツルになる!」と言っていました。確かに女中さんもみんなお肌がキレイだったなぁ。うらやましい。

○二日目朝・・宮ノ下→千条の滝
 朝ご飯を宿で食べ、バスで宮ノ下へ出発。今回国道一号線にとてもお世話になったけど、ほんとに駅伝のランナーはスゴいと思った。あんなに急な坂を走り切るなんて。来年の箱根駅伝はしっかりとチェックしよう。宮ノ下のバス停で降りた後、熊野神社、チャップリン通り、セピア通りをぶらりと歩き、途中の富士屋ホテル前のカフェで一休み。宿の人に聞いた千条の滝を見ようという事で、再びバスに乗り小涌谷温泉バス停へ。千条の滝への途中にある蓬莱園でなんとカニを発見!サワガニかな?あまりにも嬉しくて思わず写メを撮ってしまいました。そこから10分程歩き、細い小道を抜け千条の滝へと到着。派手さはないものの落ち着いたとても風情のある滝でした。


kani


○昼飯・・箱根湯本
 昼ご飯は湯本駅から少し歩いた所にある日清亭へ行きました。自家製の手打ちの麺は他では味わう事の出来ない美味しいものでした。点心付きのセットで¥1200はとてもリーズナブルだと思います。しかしこの旅行は良く食べているなぁ。その後は土産屋を見て、電車で小田原に行き、小田原城を見に行く事に。天守閣は見なかったけど、動物園があったので少し時間を潰しました。像のウメコの目が少し怖かったス。

帰りは同じく小田急で新宿までゴトンゴトン。ほとんど寝てました。あっという間の二日間だったなぁ。
スポンサーサイト
【2005/08/12 21:34】 | 行ってみた所 | コメント(0) | page top↑
<<Vanhelsing | ホーム | 準備は万端!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。