スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Michel Gondry


フランス出身の映画監督・脚本家・映像作家であるミシェル・ゴンドリー(Michel Gondry, 1963年生)をご存知でしょうか?彼は『映像の魔術師』と呼ばれ、これまでに数々のアーティストのプロモーションビデオを手掛けています。

彼の作るPVはとにかく発想が奇抜で見ているものを飽きさせません。それでは代表作をいくつか紹介したいと思います。
・The Chemical Brothers "STAR GUITAR" (PVはこちらから)

starguitar.jpg何の事はない、単に電車の車窓から見える風景を延々と映したものじゃないかと思うかもですが、よ~く見てみるとなんと音と流れる風景が全てマッチしているのですよ。
初めて見た時はまだミシェル・ゴンドリーの名を知らなかったので「車窓から見える風景を元にして作曲したのかな」なんて思っていました。もちろんこのPVは作り物です。これを見ると電車の中で音楽を聴いている時は思わず外の風景を見てしまいますよね。


・Kylie Minogue "COME INTO MY WORLD" (PVはこちらから。要QuickTime)

comeinto.jpg これぞ彼の映像魔術の真骨頂!と言えるほど物凄い作品となっています。見れば見るほど頭の中に「?」が増えてゆく・・・。
カイリー・ミノーグ嬢だけでなく周りの人達も1周するごとに微妙に変化していきます。このPVが凄いのはこれがワンテイクで撮影されているところ。映像のプロが見てもどこで編集しているかを見極めるのは難しいとの事です。タイトルどおり見事に不可思議な多重世界に引き込まれてしまいそうです。


・White Stripes "The Denial Twist" (PVはこちらから。要QuickTime)

denialtwist.jpg登場人物の縦横比が目まぐるしく変化してゆくこのPV、じっくり見ていると少し目が回るかも・・・。この映像のトリックだけは何となく分かった気がします。特に最後の家の中のシーンは目の錯覚を最大限に利用していますね。おそらく。元々歪んだ部屋を作っておいて後から編集すればこんな感じになるんじゃないかな。
いや~とにかく彼のアイディア&遊び心にはほんとに脱帽モノです。


ミシェル・ゴンドリーが手掛けたPV集はここのサイトにまとめてあります。これらを集めたDVDも発売されています。これまではPVというのはあくまで曲の引き立て役に過ぎないとばかり思っていましたが、彼の作る映像はもはやその範疇を超えひとつの「作品」にまで昇華されています。PVが気に入ってそこからその曲が好きになるという順番があっても良いのではないかと思った今日この頃でありました。
スポンサーサイト
【2006/03/31 22:01】 | アートなひと時 | コメント(0) | page top↑
<<サイエンスとアート | ホーム | 「金閣寺」 三島由紀夫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。