スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
花田少年史


友人からの薦めで読みました。93~95年ヤングマガジンアッパーズ連載の花田少年史(全5巻)です。ものすごーく良い漫画です。久々に心が温まりました。大人になって忘れかけている大切な何かを思い出させてくれるようなそんな作品です。

[ストーリー]
カラーテレビがまだあまり普及していない昭和のとある時代。近所でも評判の悪ガキ花田一路はある日ひょんな事から車にはねられ頭に九針を縫う大怪我をしてしまう。九死に一生を得た一路に備わった能力。それはなんと幽霊と話が出来るというものだった・・。
幽霊やお化けがたくさん出てきますが決してホラー漫画ではありません。理由があって成仏出来ない幽霊の頼みを一路が聞いて代わりに解決する・・というのが主なストーリーの流れです。登場する幽霊達がこれまた実に個性溢れる面々で、そのお話もコミカルなものから涙必至の感動話まで実に様々。自分は春彦のエピソードが一番のお気に入り。ほんといい話だよなぁ。

この「花田少年史」は02年10月~3月まで日本テレビ系で放送され、03年東京国際アニメフェアTV部門最優秀作品賞、また同年シンガポールで開催された第8回「アジアテレビジョンアワード」において長編アニメーション部門最優秀賞を受賞しています。確かにこの漫画はこれらの賞にも全く恥じない程素晴らしい作品だと思います。家族の暖かさ、人に対する思いやり、そして生きる事と死ぬ事の意味・・・そんな事をこの漫画から学んだ気がします。

というわけで、本屋で見かけたら(あまり置いてなかったりする)ぜひぜひ手にとってみてください。こんな良い漫画はなかなかないと思います。あの無邪気だった少年少女の時の頃に戻って・・ぜひ!

-----------------------------------------------

ネタバレですが・・(以下反転してます)

「一路が少年でなくなったら・・力がなくなる」という所。人は誰しも成長して大人になっていくものだけど、その代わりとして二度と取り戻せない大事なものも多く失っていくんですよね。そんな事を考えてほんのり切ない気持ちになりました。 
スポンサーサイト

テーマ:オススメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/02/07 23:57】 | 読み物 | コメント(0) | page top↑
<<Super Mario Synthesizer | ホーム | 過門香 in 銀座>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。