スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アイ・アム・サム "I am Sam"


01年ジェシー・ネルソン監督作「アイ・アム・サム」を観ました。全編にビートルズのカバー曲が使用されストーリーを盛り上げています。その他にもルーシーやリタなどビートルズファンなら思わずにやっとするような演出も。ジョージハリスンのくだりも何か運命的なものを感じてしまいます。

[ストーリー]
七歳児程度の知能しか持たない知的障害者であるサム(ショーン・ペン)は周りに支えられながらも娘ルーシー(ダコタ・ファニング)を男手一つで育てていたが、ある日彼に養育能力が無いと判断したソーシャル・ワーカーは彼と娘を引き離してしまう。サムは娘を取り戻す為に弁護士リタ(ミシェル・ファイファー)の元を訪ねるが・・ 
自分自身、過去に知的障害を持つ人が身近にいた経験があるのでこういう映画を観る時はちょっと複雑な気分です。DVDで監督のメイキングインタビュー?の様なものも聞いたのですが、この監督さんが障害者の方達についてかなり事前に勉強・リサーチをしていた事を知りました。実際に知的障害を持つ人がサムの友人役として出演していましたが、これはショーン・ペンにとってかなりプレッシャーになったんだろうな。間が悪い事にギルバート・グレイプのディカプリオを観た後だったので・・どうしても彼とショーン・ペンを比べてしまう自分がいました。あの時のディカプリオは確かに神懸かっていた!でもでもアイ・アム・サムのショーン・ペンも立派だったと思います。彼の演技は最高でした!あの廊下で滑って転ぶシーンは初め台本に無かったのに彼がどうしてもと言って追加されたのだそうです。スタント無しでしかもワンテイクでOK!さすがですね~。

DAKOTA.jpgいやいやそれにしてもダコタ・ファニングはかわいかった。この時確か6歳ですよね?天才子役と言われているのもうなづけます。この年にしてベテラン俳優達と対等に渡り合っているなんて・・スゴいの一言です。自分が6歳の時なんて記憶もほとんどないよ・・。ちょっとお利口さんに過ぎる部分もあるかな?と思った部分もあったけど、まぁまぁこの年でこれだけ出来るんだから細かい事は無しにしましょう。道をそれない事を祈るばかりです・・。
ダイアン・ウィーストも脇役ながら良い仕事をしていましたね!この人の暖かい笑顔がたまらなく好きです。監督も言っていましたが、彼女は「眼で演技が出来る女優」だと思います。検事とのやりとりでのシーン、過去を鋭く突かれた時に見せたあの表情!並の人では到底真似出来ないものだと思います。

この映画の面白いところは「みんな正しい」所だと思います。娘を取り戻そうとするサムは正しいし、それを弁護するリタも勿論正しい。一見すると悪役に見えるソーシャル・ワーカー側も、ルーシーを引き受けた里親もみーんな「正しい」事を行なっているのです。それが世の中の常と言ってしまえばそれまでですが・・。理屈を超えたところにあったものは結局親子の愛だったという所でしょうか。リタがサムとの触れ合いの中でだんだんと丸くなっていく過程も良いですね。『完璧なんて人はいない。みんなどこかに「障害」を持っている。』というリタのセリフはまさに世の真理であってこの映画の最も言わんとしていた事でしょう。


自分が親となった時にこの映画を観たらまた違った感慨があるんだろうな。サムのように「自分が父親の手本だ!」と胸を張って言えたら本当に格好良いですよね。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

【2006/01/11 00:41】 | 映画 | コメント(4) | page top↑
<<後藤純男展 | ホーム | to:ca>>
コメント
それぞれが正しい
こんにちは、確かにそれぞれが正しいことをやろうとしている・・・でも、目指しているところは違う。
そんな中で親子の愛情の強さが深さが伝わってきてじんわり心が癒されました。
【2006/01/11 19:00】 URL | chibisaru #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
chibisaruさん>

コメントどうもありがとうございます!どうもこの手のものには弱い自分でした。この映画の本当の良さは人の親になってみないと分からないんだろうなとも思いました。
【2006/01/12 00:05】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
俺も、親になったらあれぐらいの愛情をもって育てたい。
『I am Sam』は、最高の映画だと思う。
裁判のシーンでサムは、ある点で人より劣っているかもしれないが、ある点では優れていると言っていたところは、自分も考えらせられるところがあった。
【2006/01/12 23:18】 URL | 情報局長 #-[ 編集] | page top↑
情報局長さん>

コメントありがとうございます!その時のサムのセリフにも感動しました。リタのセリフと合わせて監督がこの映画で表現したかった所なのでしょうね。

でもアメリカって知的障害患者でも証言場に立たされるんですかね??なんか平等の国アメリカにしたらかなり不平等な気がしますが・・。
【2006/01/16 00:21】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。