スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
戦場のピアニスト "The Pianist"


02年ロマン・ポランスキー監督作品。第二次世界大戦中のポーランドを舞台にした映画で、実在のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンの実体験を基に作られています。アカデミー賞では主演男優賞・監督賞・脚色賞を受賞、そしてカンヌ国際映画祭では最高賞であるパルム・ドールを受賞しています。 
「シンドラーのリスト」と同じく実話に基づいたホロコースト映画です。しかしこの映画の主人公は決して「ヒーロー」ではありません。ユダヤ人を救ったわけでもなく同士の為に戦ったわけでもありません。彼はただひたすら戦火の中を「生き抜いた」のです。

初めは得意のピアノ演奏で戦場に平和をもたらすそんな感動系の映画かなと思っていました。でもそのようなシーンは一切登場せず、主人公ウワディクは隠れ家に潜み戦争の終わりをひたすら待ち続ける日々を過ごします。目の前で同士がドイツ兵に殺されていくのを彼はどのような気持ちで見つめていたのでしょうか?彼は同士を裏切る薄情者だという事を言いたいのではありません。この映画は初めにも書いた通り実在のピアニストの実体験を基に作られたものです。自分がもし同じ立場に立たされていたら恐らく同じ行動を取っていた事でしょう。いやもしかしたら生きる事に耐えられなくなり自ら命を絶っていたかも知れません。仲間が次々と殺されていくのに自分では何も出来ない歯がゆさ。あくまでも我々と同じ「一般市民」から見た戦争がそこには描かれているのです。

またこの映画はドイツ兵=悪、ユダヤ人=被害者という単純な図式を展開していません。それはウワディクを救うドイツ将校、そして同士を売るユダヤ人警察などに象徴されています。ドイツ兵の中にも善人はいて、ユダヤ人の中にも裏切り者はいる。戦争映画はとかく善と悪を対立させた構想に陥りがちですが、これらをキチンと表現した事も評価されるべきだと思います。


ポランスキー監督自身もゲットーの体験者であり、幼い頃に母を収容所で亡くした経験を持ちます。この映画の製作に踏み切るまでには恐らく長く深い自身との葛藤があったでしょう。自らに向き合い勇気を持ってこの映画を作った彼に大いなる賞賛を送りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2006/01/03 21:09】 | 映画 | コメント(0) | page top↑
<<初詣! | ホーム | SPIRAL LIFE>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。