スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
シザーハンズ "edward SCISSORHANDS"


90年ティム・バートン監督作「シザーハンズ」を観ました。映画で涙を流す事はこれまであまり無かったのですが、この映画には見事にやられてしまいました。

物語はとあるアメリカの小さな町を舞台にして始まります。エドワードは町外れの丘の上に住む発明家が造り出した人造人間。しかしその博士は完成直前に急死してしまい、手がハサミのままエドワードは独り取り残されてしまう・・といったストーリーです。
いやぁペグお母さん(ダイアン・ウィースト)最高ですね。こんなに家族思いで(少し天然で)心優しい母親はそういませんよ。この映画のメインはもちろんエドワードとキム(ウィノナ・ライダー)の恋模様ですが、ペグのエドワードに対する無償の愛情も特筆すべき点だと思います。そもそもこの人がいなければ話が進まなかったわけですし・・。ま、それは置いといて。

hands.jpg

シザーハンズは恋愛ドラマと言うよりも、人間の良い所・悪い所を上手く表現したまさに童話のような映画だと思います。小さい頃って童話や昔話から色んな事を学びましたよね。敢えて言葉には出していないけれど大切な事がたくさんこの映画の中にはあったように思えます。クリスマスの風景もとても幻想的で素敵でした。子供が出来たらぜひとも見せてあげたい映画だと思います。

あと、個人的には若かりし頃のウィノナ・ライダーを見る事が出来てかなり満足です。ほんとに美人さんですなぁ。まさか数年後にあんな事をするとは・・ね。雪の中で躍るラストシーンはまさに歴史に残る名場面。思わず涙ぐんでしまいましたよ・・。そんなオチだったとは。にくいぞティム・バートン! 

rider.jpg

しかしなんでエドワードはレモネードが苦手なんでしょうか??自分の中でかなりの謎です。
スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

【2006/01/02 22:27】 | 映画 | コメント(2) | page top↑
<<SPIRAL LIFE | ホーム | ギルバートグレイプ>>
コメント
thanx!
一寸前だけれども
此方にきてくだすって
どうも有り難う御座いました◆◆
とても
うれしかったです%

それにしても
シザー・ハンヅは善いですよね
涙なしでは居られませぬ。

此処はアートな雰囲気が
格好宜しいで
すね%
またきます!
【2006/01/08 14:33】 URL | haRada #-[ 編集] | page top↑
そんなそんな自分にはもったいな過ぎるお言葉です。ありがとうございます。

良い映画に出会えるって素敵な事ですよね!ラストのあの幻想的なシーンは未だに目に焼き付いています。
【2006/01/09 20:56】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。