スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パルプフィクション
pulpfiction.jpg

1994年のクエンティン・タランティーノ監督作品「パルプフィクション」です("Pulp Fiction"→三文雑誌の事)。タランティーノ監督の第二作目の長編映画であり、彼の最高傑作との呼び声も高い作品です。94年のカンヌ映画祭では最高賞のパルムドールを受賞、また同年のアカデミー賞では脚本賞を受賞しています。

さてさて、以前から観たいなーと思っていたパルプフィクションを借りてきました。タランティーノを初めて知ったのはやっちまいなーの「キル・ビル」です。何だか変わった映画を作る人だなぁというのが第一印象。ちょっと気になって他の作品を調べていたらこの「パルプフィクション」が高い評価を受けている事を知りました。いわゆるミーハーってやつです。
このパルプフィクションは当時落ち目であったジョン・トラボルタを窮地から救い上げた作品としても有名です。作中でのトラボルタはギャング役として登場しますが、実際物凄くハマり役だなぁと思いました。長髪には少し驚きましたけどね。やっぱりこの人はちょい悪な役どころが似合います。

その他にもとにかーくキャストが豪華です。その中でもピカイチなのがトラボルタの相棒役であるサミュエル・L・ジャクソン。まさかスター・ウォーズのメイスにこんな所で逢えるとは・・髪型が気になってしばらく映画に集中できませんでしたよ。ユマ・サーマンも見事に「ボスの女」を演じています。ほんとにいかにも危険な女っていうにほいを醸し出しますよね、この人。ブルース・ウィルスは見ていてどうしてもダイハードの印象が抜けきれない・・。彼女さんはとても可愛らしい人でしたね。

こんなお腹一杯の豪華出演陣だと、かのオー○ャンズなんたらのようにお互いに相殺してダメダメになっていまいがちですが全くそうなっていない所がポイント。寧ろ一人一人が主人公のようにどんどん話を盛り上げていきます。これもこの作品が一本線のストーリーではなく、いくつかの小さな話の集合体としてストーリーが形成されているという構成によるものでしょう。それらの個々のストーリーは複雑に絡まりあいそして最終的に大団円を迎えます。時間軸をわざとずらして話を組み立てたのも上手い手法だなと思いました。でももし劇場で観ていたらこの辺は一回では分からなかっただろうなとも思いました。DVDだとすぐに戻れるからいいですけれどね。

今言ったようにこの映画は良くある「起承転結」タイプからかなり外れた構成となっている事もあり、ストーリーの内容自体には特別に深いものはありません。観終わって「なんだこれは?」という感想が出る人も少なくないと思います。実際自分もそうでした。でも結局は"Pulp Fiction"なんですよ。大衆的な三文雑誌。内容自体はそんなに重要じゃない。「見せ方」をどう工夫するか。如何に見る人の興味を引き立てるか。有名人を多数起用して話題を作るのも一つの手かもしれない。この映画の題名が違うものだったら観終わった後のモヤモヤ感は晴れなかったかもしれません。やはりタランティーノ監督は良い映画を作るとそう思った次第であります。

できるならタイムリーでしかも何の前情報も無しに観たかった作品です。もっと大きな衝撃を受けていた事は間違いなかったでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/30 23:55】 | 映画 | コメント(2) | page top↑
<<レオン | ホーム | 洞窟物語>>
コメント
*今後とも宜しくお願いいたします

★takさん、お邪魔いたします!

先日は、拙ブログへの御来訪、TBを頂きましてありがとうございます!

いやぁ、本エントリー、takさんが本作を満喫された実感がこもっていて、乗りが有って、端的に旨味
を付かれていると思いました、楽しく一気に読めました!!

>…その他にもとにかーくキャストが豪華です。その中でも
>ピカイチなのがトラボルタの相棒役であるサミュエル・L・
>ジャクソン。

まさしく!!!

>まさかスター・ウォーズのメイスにこんな所で逢えるとは・・
>髪型が気になってしばらく映画に集中できませんでしたよ。

ガハハ~!

いやぁ、僕などは、観た順番が『パルプ・フィクション』→『EPIII』ですからまだしもねぇ、
takさんのように逆順ですと衝撃は相当なものかもしれませんね((^^)、

―いやはや、本作を喋り出すと僕なりに切りが付かなくなってしまいます、

ただ、キャラクターとしては、ジャクソン=ジュールスは勿論のこと、ユマ扮する“ミア”の面白味は指摘しておきたいですね、
あの「ツイスト・コンテスト」のシーンなどでも、テーブルでもダンスでも常にトラボルタ=ビンセントより可笑しい!!尚且つ本作では一貫して綺麗!!

タラは本作はもとより、『キル・ビル Vol.1』でも『キル・ビル Vol.2』でもユマに破格のキャラクターを与え、ユマはそれに応え、しかも、フォトジェニックに輝いていますよね!!

何とも素晴らしい関係です((^^)

―さて、こちらのブログ、多彩なカテゴリーに惹かれます。
今後、少しずつ拝読したいので、後刻、当方の≪Blog People≫中にリンクを貼らせてください!

それでは、今後とも宜しくお願いいたします!!
【2005/12/31 16:54】 URL | ダーリン/Oh-Well #6jqWdDWs[ 編集] | page top↑
こちらこそ
ダーリン/Oh-Well さん>

こんなまとまりの無いblogですが・・興味を持って読んでくださってほんとに感謝いたします!リンクの件も全く構いません!ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします
【2006/01/01 17:49】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。