スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Trainspotting
train.jpg

「トレインスポッティング」を借りました。テレビで断片的には観た事があるけど最初から通して観るのは今回が初めて。

カッコいい。

これが見終わった後の感想です。いやほんとにカッコいいんですよ。
内容を簡単に言うと、ヤク中の主人公(ユアン・マクレガー)とその周りが繰り広げるヒューマンドラマ(?)。そこには悪役もいなければ涙必至の感動シーンもなく、もっと言えばストーリーにも明確な流れがない。そんな映画なのに"Born Slippy"の流れる最後のあのシーンがこうも鮮明に心に残るのはなぜだろう?
この映画のメインテーマは「ドラッグ」。メイキングで監督が「ドラッグの恐ろしさはテレビや本では伝えられない。それは映画しか出来ない事なんだ」と言うように、作中ではドラッグで現れる幻覚症状や禁断症状、そしてドラッグ中毒による死などが実にリアルに描かれています。このような重苦しいテーマを扱うとついつい説教じみた空気になりがちですが、全くそうでない所がこの映画のポイント。カメラワークと音楽を駆使してスタイリッシュにそしてスピード感に溢れた作風に仕上げています。そんな中でもドラッグの恐ろしさ・悲惨さをちゃーんと訴えているのはさすがの一言。

この映画のもうひとつの魅力は脇役も含めてのキャラの濃さ。主人公の友人である、シックボーイ・ベグビー・スパッド・トミーはそれぞれが個性的で見ていて飽きません。四人それぞれのエピソードなんてのももっと見てみたかったなーなんて。特にベグビー役のロバート・カーライルはイイですね~。作中ではかなり危ない人になっていましたが・・。

一般的に見てこの映画は好き嫌いが極端に分かれる映画だと思います。いわゆる「大衆向けの」映画ではありません。ドラッグの描写もそうなのですが他にも少々グロい場面も多くそういうのが嫌いな人にはオススメはできないかも。でも何か刺激的でセンスに溢れたモノを求めている人にはぜひともオススメしたい作品です。あとUNDERWORLDファンの人にはラストのシーンだけでも見てもらいたい!鳥肌が立ちますよ。きっと。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/28 22:30】 | 映画 | コメント(2) | page top↑
<<洞窟物語 | ホーム | 有馬記念>>
コメント
ありがとうございます!
はじめまして、コメント&トラバありが
とうございます。

この映画はサイコーですね!
サントラCD2種、DVD、小説、映画の
パンフ、ポスター&ポストカード。。。
全てあります。。。

あ~、恐い(笑
【2005/12/28 22:41】 URL | tosh #2kbNzpR6[ 編集] | page top↑
実は
自分も携帯の待ち受けがちゃっかりトレスポだったりします。

ポスター・パンフどれをとってもセンスがあってカッコいいですよね!
【2006/01/01 17:52】 URL | tak #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。