スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ギルバートグレイプ
gilbertgrape.jpg

うぅ感動しました・・。93年ラッセ・ハルストレム監督作品「ギルバート・グレイプ(原題:What's eating Gilbert Grape)」です。

過食症の母と知的障害を持つ弟を抱え亡き父の代わりに一家を支えるギルバート(ジョニー・デップ)。平凡な日々を過ごす彼の前に突然現れた旅人ベッキー(ジュリエット・ルイス)、彼女との出会いはギルバートの人生を少しずつ変えていく・・と要約すればこのようなストーリーです。お話の内容自体は良くある、と言っては失礼ですがまぁコテコテのヒューマンドラマです。なのですが・・

スゴイんですよ。ディカプリオの演技が。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/31 16:58】 | 映画 | コメント(6) | page top↑
レオン
leon.jpg

お気に入り映画の一つ「レオン」です。95年リュック・ベッソン監督作品。まず、これから観るという人はぜひとも「完全版」の方をお薦めします。この完全版は劇場公開されたオリジナル版に22分の未公開映像を付け加えたもの。これは単なるファンサービスではなく「レオン」を深く楽しむ為には無くてはならない22分間なのです。  
続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/31 00:41】 | 映画 | コメント(1) | page top↑
パルプフィクション
pulpfiction.jpg

1994年のクエンティン・タランティーノ監督作品「パルプフィクション」です("Pulp Fiction"→三文雑誌の事)。タランティーノ監督の第二作目の長編映画であり、彼の最高傑作との呼び声も高い作品です。94年のカンヌ映画祭では最高賞のパルムドールを受賞、また同年のアカデミー賞では脚本賞を受賞しています。

さてさて、以前から観たいなーと思っていたパルプフィクションを借りてきました。タランティーノを初めて知ったのはやっちまいなーの「キル・ビル」です。何だか変わった映画を作る人だなぁというのが第一印象。ちょっと気になって他の作品を調べていたらこの「パルプフィクション」が高い評価を受けている事を知りました。いわゆるミーハーってやつです。
続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/30 23:55】 | 映画 | コメント(2) | page top↑
洞窟物語
doukutu

皆さんもうやりました?開発室Pixel製作のフリーゲーム「洞窟物語」です。
知らないなぁとか知ってるけどまだ遊んでないやとかいう方々には・・!この年末年始にやってみる事をぜひともオススメいたします。特にアクションゲーム好きの人は四の五の言わずにとりあえずやってみて下さい。面白いですから。

続きを読む

テーマ:おすすめゲーム - ジャンル:ゲーム

【2005/12/29 10:36】 | GAME | コメント(0) | page top↑
Trainspotting
train.jpg

「トレインスポッティング」を借りました。テレビで断片的には観た事があるけど最初から通して観るのは今回が初めて。

カッコいい。

これが見終わった後の感想です。いやほんとにカッコいいんですよ。
内容を簡単に言うと、ヤク中の主人公(ユアン・マクレガー)とその周りが繰り広げるヒューマンドラマ(?)。そこには悪役もいなければ涙必至の感動シーンもなく、もっと言えばストーリーにも明確な流れがない。そんな映画なのに"Born Slippy"の流れる最後のあのシーンがこうも鮮明に心に残るのはなぜだろう?
続きを読む

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2005/12/28 22:30】 | 映画 | コメント(2) | page top↑
有馬記念
今年を締めくくる大一番有馬記念!またまたルドルフに続き無敗四冠馬になれるかな?

今回の有馬は古馬に有力な対抗馬がいないとの事。良く考えれば同じ三歳馬にもそれといっためぼしい馬はいないからなぁ。つくづくディープは運が良い馬だと思います。

あ、あと今日はラグビーの早慶戦もあるんだった!どこかテレビ放送してくれないかな。。見たい!
【2005/12/25 10:10】 | ぼやき | コメント(0) | page top↑
追記 ES細胞問題
「黄教授の論文は捏造だった」

ソウル大調査チームの結論が出ましたね。黄教授は教授職を辞任するようです。ただこれで全てが終わったわけではありません。同じ論文の捏造にも、

・ある程度の結果がありそれを水増しした。
・全くの根拠が無いでっちあげ

の二パターンがあります。黄教授は現在も、ES細胞を作り上げる技術は確かにあると主張しています。同じ「捏造」にしてもこの二つには大きな差があり、一体実際黄教授らのグループはどちらに該当するのか?これを解明するまではこの騒動は決着を迎えたとは言えないでしょう。

(前回書いた記事はこちら) 
【2005/12/24 11:07】 | かがく | コメント(0) | page top↑
テニスゲーム
tennis.jpg

不覚にもはまってしまった・・。昔懐かしいかほりのするテニスゲームです。

操作は矢印キーとスペースのみ。打つ瞬間に矢印キーを入れるとそちらの方向にボールが飛びます。同じ右に打つにしても体の向きによって飛ぶ角度が違ったりと実はなかなかに凝っていたりします。

コンピューターで出てくるグラフとビーナスがめちゃめちゃ強い・・。DATEKIMIという名で伊達公子もこっそり出ています。
【2005/12/21 00:13】 | GAME | コメント(0) | page top↑
俺と悪魔のブルーズ
07152643.jpg

今朝の朝日の朝刊を見てびっくり。「俺と悪魔のブルーズ」なる漫画が紹介されていたのですが、なんだかどこかで見た絵柄だな~と思ったらアゴゲンの平本アキラ氏ではないですか!ヤンマガ以外にも連載してたんだ・・全く知らなかった。不覚ッ!しかもかのロバート・ジョンソンの生涯を描いた漫画だとは。うぅむ月刊アフタヌーンってところがネックだったなぁ。流石にチェックしていなかったよ。色々調べてみると「良作」という評価をしている人が多いみたいですね~。今度買って読んでみよっと。

ちなみにロバート・ジョンソンとは・・・27歳の若さでこの世を去った「天才」ブルーズ奏者。そのあまりにも卓越したギターテクニックは「悪魔と魂を取引して得たもの」という噂が流れたほどのもの。彼がこの世に遺したものは29曲のブルーズとたった3枚の写真のみであり、現在でも謎に包まれた部分が多い人物である。彼の残した楽曲は多くのミュージシャンに影響を与え今日の大衆音楽全ての源流となっているといっても過言ではない。   
続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2005/12/19 01:06】 | 読み物 | コメント(0) | page top↑
ES細胞捏造問題とは
今巷を賑わせている「ES細胞捏造問題」とは何なのでしょうか?簡単に言うと韓国のソウル大の黄禹錫(ファン・ウソック)教授らのグループが今年5月、科学誌サイエンスに捏造論文を発表していたという話です。

偽装や捏造、最近の日本でもホットな話題ですよね。論文捏造問題自体は実はそう珍しい話ではありません。以前にもアメリカのベル研究所で捏造が発覚して大問題になりました。サイエンスやネイチャーなどの格式が高い論文誌は読者も多く、同じ分野を研究しているものにとっては興味の的になるわけですから不正を行なっているとすぐにバレちゃうわけです。 

自分も専門分野の論文雑誌は良く読むのですが「絶対にこれウソだろー」というものに当たる事もあります。論文の真偽如何は結局のところ研究者のモラルにかかっているわけで、極端な話ゼロからでもウソの論文を書く事は可能です。もちろんそんな事がまかり通ってはマズいので論文誌には掲載の是非を決める「レフェリー」がいるわけですが、でもこれもウソをつき通せば審査をパスできる抜け道もあるという事は事実です。世界を揺るがすような大発見をした研究だとしたらキチンとその実験が「再現性」があるかどうか(←重要です!)審査員のいる前で実験をしてくれなーんて事もあるかもしれませんが、現実は毎日のように投稿されてくる論文の処理だけで手一杯なわけです。

では今回のES細胞の一件はなぜここまでの騒動になっているのでしょうか。それはこの研究内容である「ES細胞」と韓国のお国事情にあります。
続きを読む

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

【2005/12/18 10:31】 | かがく | コメント(0) | page top↑
Only this moment - Royksopp
royksopp

今年2005年の一番のお気に入りです!今年はフジロックにも来ていましたねー自分は予定が合わず行けませんでしたが・・。六月にリリースされたセカンドアルバム「The Understanding」からシングルカットされた一曲です。

透明感に溢れたテンポの良いサウンドは聴いていてとにかく心が弾みます。女性ボーカルの声も絶妙に曲にマッチしていて良いですよね。ドライブの時に聴くとまた最高!ついついアクセルを踏んじゃうんだよなー。

エレクトロポップにしては珍しく歌詞がとても詩的なところもまたこの曲の魅力。後半の男性ボーカルの部分「Guilt in my ・・」から始まるところが特にお気に入り。洋楽は歌詞を自分なりに意訳出来るから好きです。"love without pain isn't really romance" かぁ・・深いですね。

"only this moment" の着メロを以前にダウンロードしたのですが、これがまた良い感じで仕上がっているんですよ。大抵着メロって原曲とは既に似ても似つかないものになっている場合がほとんどですよね(実際他の曲を聴いてみたらヒドいものばかり・・)。これも元が良いからなのかな。ただアホな事にどこから落としたかをすっかり忘れてしまったわけですが。

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

【2005/12/18 01:44】 | ムジーク | コメント(2) | page top↑
師走
卒論作成、年末進行で頑張り中。てか今月は毎日が過ぎるのが速い~さすが師走。とりあえずは今週が山場だなぁ。自分ファイト!

ただ今「少年H」を読んでいます。批判本なるものも出ているみたいですがそこら辺の意見も踏まえてじっくりと読んでいます。いずれ感想を。
【2005/12/15 23:57】 | ぼやき | コメント(0) | page top↑
牛たん焼専門店 太助
寒い日が続きますね~。明日は最低気温が氷点下(!)という予報を聞きました。うぅぅ。

先日の事ですが、牛たんを食べに銀座の「太助」に行って来ました。半年ほど前に父に連れて行ってもらったのが最初で、それ以来文字通りヤミツキになってしまい事ある毎に食べに行っています。ほんと美味しいんだわー。さすが仙台牛たん発祥のお店といったところです。

一番ポピュラーな「牛たん焼セット」は1人前で1500円。牛たん焼の他に特製和風テールスープ・五穀ごはん・漬物・牛たん旨煮が付いてきます。ご飯はお代わり自由。このサイドメニューのテールスープや旨煮だけでもご飯がお代わりできますよ。次に行った時はシチューやとろろセットなどにも挑戦しようかと考えてます。

あーなんだかものすごく腹が減ってきた・・。
【2005/12/13 00:27】 | 行ってみた所 | コメント(0) | page top↑
平安の仮名・鎌倉の仮名
954heiannokana.jpg

今日は出光美術館で開催されている「平安の仮名・鎌倉の仮名展」に行って来ました。書物関係の展覧会は普段あまり縁が無かったのですが、知人に招待券をもらったのを良い機会に足を運んでみました。

本展は平安及び鎌倉時代の書を中心として、その仮名文字の特色や変遷を作品を通じて辿った構成となっています。「仮名展」と銘打つだけあって展示品はほとんどが書関係のものです。
続きを読む
【2005/12/12 00:17】 | アートなひと時 | コメント(0) | page top↑
Dolores O'Riordan
Dolores3.jpg

自分のお気に入りアーティストの一人、ドロレス・オリオーダンです。

彼女はアイルランドのロックグループ「The Cranberries」の紅一点であり、ボーカル・ギターとほとんどの曲の作詞・作曲を手掛けています。

「The Cranberries」は93年にアルバム「Dreams」でデビュー。2ndアルバム「no need to argue」は全世界で1400万枚以上ものセールスを記録しています。
続きを読む

テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

【2005/12/10 23:59】 | ムジーク | コメント(0) | page top↑
商品券
ken

12月といえば大掃除の季節!ちまちまと部屋を片付けていたら変わったものが出土しました。

『商品券』

おぉこりゃラッキー3000円得したよ。入れておいたのを忘れてたのかな?しかし・・この発行元の福屋ってどこ?

調べてみると広島にある百貨店のようです。ここで疑問。自分はこれまでこの福屋なる百貨店に行った事もないし、商品券を貰う様な知り合いも広島にはいません。家族に聞いても「知らないなぁ」の一言。ちなみにうちは関東です。

出土した場所から考えてこの商品券は10年以上前のものと見て間違えはないでしょう。んんんどんなに記憶を引っ繰り返してもこの商品券がどのような経路で我が家に辿りついたのかが全く思い出せません。「三越」とか「紀伊国屋」だったらまぁ何かで貰ったのかなと思えるんですけど、この「福屋」は・・一体・・。

裏面を良く読むと「発行元に事由が起きた場合にはご利用できなくなる場合がございます」との事。おいおいもしかしたらこれ唯の紙切れだったり?急いでネットで調べてみましたがとりあえずはまだ使えるみたいです。良かった。

今度デパート行った時に使ってみようかな。これを出された店員さんの対応が少し想像できます。すんなりとはいかなそうだなぁ・・。
【2005/12/10 21:37】 | ぼやき | コメント(0) | page top↑
お寿司
近頃めっきり冷えましたね。関東でも雪が降るとか降らないとかそんな話もちらほら聞きます。

今日は神田にある江戸ッ子寿司に行って来ました。比べちゃ失礼だと思いますが普段出前とかスーパーのお寿司に慣れているせいか、同じ寿司でも何だか全然違うものを食べている感じでした。板前さんが直に握ってくれるってのはこんなにも違うものなのかと。ネタもシャリから溢れんばかりで(イクラやウニは実際溢れてました)味はもちろんの事、お腹も大満足!そして何よりもおいしかったのはこれがおごりだったという事!もはや何も言う事はありません。

いつか自分もお寿司のひとつやふたつパーっとおごれる様な人間になってみたいなと思った冬の一日でした。 

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

【2005/12/08 00:30】 | 行ってみた所 | コメント(0) | page top↑
ハリー・ポッター 炎のゴブレット
potter.jpg

観に行ってきましたよハリー・ポッター!チャーリーの時と同じ映画館で観たのですが今回はそれほど混んでいませんでした。関係ないけど予告編で流れていたナルニア国物語面白そうですね~。昔本で少し読んだ記憶があります。

さてさて炎のゴブレットですが、観た後の率直な感想は・・・ストーリーがよう分からん!です。
続きを読む

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

【2005/12/04 20:52】 | 映画 | コメント(0) | page top↑
「解夏」 さだまさし
gege

さだまさしの「解夏」を読みました。表題作他、「秋桜」「水底の村」「サクラサク」の全四篇から成る小説集です。知人からの薦めがこの本を知ったきっかけだったのですが、初めはそんなに読む事に積極的ではありませんでした。こういうのって大抵味気の無い自叙伝のようなものだろーと高を括っていたもので。いや、読んで良かったです。ほんとに。さだまさしがこんなにも文才に溢れている人だとは知りませんでした。久しぶりに良い本に巡り合った感じです。

それではちょっとした感想を・・
続きを読む

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

【2005/12/04 11:31】 | 読み物 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。