スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
世界の亀山モデル
どこかの酒の席で聞いたお話。
 
世界の亀山モデルと言えばシャープの液晶テレビ「AQUOS」。そして液晶テレビと言えばシャープの他に国内ではソニー、海外ではL.G.電子、サムスンなどの韓国企業が有名どころであり、日々熾烈な販売競争を繰り広げています。この中でも特に韓国企業の活躍はめざましく、日本企業はしばらく水をあけられた状態となっていました。ところが液晶テレビ市場を牽引してきたこの韓国企業に最近異変が起きているとの事。具体的に言うとサムスンやL.G.の液晶生産技術が退化しているというのです。同じ企業なのにそんな事ってあり得るのか?  

―――本題に入る前にマザーガラスに関する説明を少し。

マザーガラス・・・液晶テレビの顔とも言える液晶パネルの元になる基板。「第○世代の・・・」と呼ばれ、○に入る数字が大きい程面積が大きいものとなる。大きいマザーガラスからはたくさんのパネルを取る事が出来るので結果的に生産の効率化・コストダウンを図る事ができるが、生産に要求される技術レベルは大変に高いものとなる(液晶テレビに用いるガラスは普通のガラスに比べ表面の凹凸が極端に小さい)。 

シャープは亀山第2工場にて今年8月に第8世代(2160×2460mm)のマザーガラスの製造ラインを稼動すると発表。こう来れば他のライバル企業も黙って見ていないわけで・・・しかしサムスン、L.G.は第8世代どころか第7・6世代のガラスも満足に製造出来ない状況であるとか。これまで市場をリードしてきた企業でこの技術の後退は一体何を意味するのか??
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/10/29 22:14】 | かがく | コメント(2) | page top↑
惑星イトカワと探査衛星はやぶさ
惑星イトカワ探査衛星「はやぶさ」をご存知でしょうか?小惑星からサンプルを持ち帰るという前例の無い重大な任務を背負って、2003年5月に打ち上げられた国産探査衛星の名称です。今日はそのはやぶさプロジェクトに携わった方の講演を聞いてきました。

何よりも驚いた事は「はやぶさ」に自社の技術が様々な部分で関わっていたという事!子供の頃宇宙に憧れて、いつかは宇宙に関わる仕事をしてみたいなぁという夢が間接的であれこんな所でかなっていたとは・・・。久々に熱いものを感じました。

このはやぶさプロジェクトが成功すると(ちなみに現在はサンプル採取を終え帰ってくる途中。2010年帰還の予定)、惑星の成り立ちやら何やら様々な事が分かるらしいですね。もちろん一筋縄では行かずまだまだ行く先に壁は多いですが、何としてもプロジェクトを成功させて欲しいです。
【2006/07/06 23:38】 | かがく | コメント(0) | page top↑
東大論文捏造問題
黄教授のES細胞捏造問題も冷めやらぬままに今度は日本の最高学府、東京大学での論文捏造問題が持ち上がりました。(ES細胞の記事はこちら

問題の渦中の人物は遺伝に関わるリボ核酸(RNA)研究の第一人者である東京大学の多比良和誠教授。彼のグループが報告したいくつかの論文が「再現性がとれない!」という事で日本RNA学会が東大側に調査を依頼。9ヶ月間にわたり調査が続けられてきましたが、結局多比良教授側は実験の再現性を立証する事が出来なかった・・・これが事の顛末です。
続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2006/01/28 11:15】 | かがく | コメント(2) | page top↑
タミフル -Tamiflu- と鳥インフルエンザ
タミフルの備蓄が足りないだとか世界的な感染症になるだとか鳥インフルエンザ関連のニュースがしきりに騒がれている今日この頃。でも我々にはまだその実感があまりないといった所が実際です。鳥インフルエンザよりも今年のインフルエンザをどう乗り切るかの方が問題なわけで。 
 
鳥インフルエンザって何?と簡単に説明すると、要は「鳥がかかるインフルエンザ」の事です。我々人間と同じく鳥さんもインフルエンザにかかってしまうのです。ただヒトと鳥とではインフルエンザウィルスの種類が違います(ここはちょっと重要)。この鳥インフルエンザは現在アジアを中心として猛威を振るっており、ここ日本ももちろん例外ではありません。京都の養鶏場で鳥インフルエンザにかかったニワトリが見つかったというニュースは記憶に新しいところだと思います。

でも今の日本で鳥インフルエンザが蔓延している!全国で学級閉鎖に!というニュースは聞きません。鳥インフルエンザは鳥→鳥へと瞬く間に感染していきますが、実はヒトにはほとんど感染しないという性質を持っています。ヒトに感染した例は中国や東南アジアでこれまで数百人程度が報告されていますが、「大流行」というわけではありません。なんかそこだけ見るとそこまで驚異的な感染症ではないのではないかなーと思ってしまいますが、鳥インフルエンザの本当の恐ろしさはここではありません。 
続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2006/01/08 12:02】 | かがく | コメント(0) | page top↑
追記 ES細胞問題
「黄教授の論文は捏造だった」

ソウル大調査チームの結論が出ましたね。黄教授は教授職を辞任するようです。ただこれで全てが終わったわけではありません。同じ論文の捏造にも、

・ある程度の結果がありそれを水増しした。
・全くの根拠が無いでっちあげ

の二パターンがあります。黄教授は現在も、ES細胞を作り上げる技術は確かにあると主張しています。同じ「捏造」にしてもこの二つには大きな差があり、一体実際黄教授らのグループはどちらに該当するのか?これを解明するまではこの騒動は決着を迎えたとは言えないでしょう。

(前回書いた記事はこちら) 
【2005/12/24 11:07】 | かがく | コメント(0) | page top↑
ES細胞捏造問題とは
今巷を賑わせている「ES細胞捏造問題」とは何なのでしょうか?簡単に言うと韓国のソウル大の黄禹錫(ファン・ウソック)教授らのグループが今年5月、科学誌サイエンスに捏造論文を発表していたという話です。

偽装や捏造、最近の日本でもホットな話題ですよね。論文捏造問題自体は実はそう珍しい話ではありません。以前にもアメリカのベル研究所で捏造が発覚して大問題になりました。サイエンスやネイチャーなどの格式が高い論文誌は読者も多く、同じ分野を研究しているものにとっては興味の的になるわけですから不正を行なっているとすぐにバレちゃうわけです。 

自分も専門分野の論文雑誌は良く読むのですが「絶対にこれウソだろー」というものに当たる事もあります。論文の真偽如何は結局のところ研究者のモラルにかかっているわけで、極端な話ゼロからでもウソの論文を書く事は可能です。もちろんそんな事がまかり通ってはマズいので論文誌には掲載の是非を決める「レフェリー」がいるわけですが、でもこれもウソをつき通せば審査をパスできる抜け道もあるという事は事実です。世界を揺るがすような大発見をした研究だとしたらキチンとその実験が「再現性」があるかどうか(←重要です!)審査員のいる前で実験をしてくれなーんて事もあるかもしれませんが、現実は毎日のように投稿されてくる論文の処理だけで手一杯なわけです。

では今回のES細胞の一件はなぜここまでの騒動になっているのでしょうか。それはこの研究内容である「ES細胞」と韓国のお国事情にあります。
続きを読む

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

【2005/12/18 10:31】 | かがく | コメント(0) | page top↑
タラバガニ
いやー鍋が美味しい季節になってきましたね。自分は湯豆腐が大好きです。豆腐をハフハフしながら冷えたビールをぐいっと一杯!最高ですね。

他にもキムチ鍋やおでんなどこれからのお楽しみは一杯です。カニ鍋なんてのもいいですねー。

カニ鍋と言えばタラバガニやズワイガニなどがまず思い浮かびますが・・実はタラバガニは蟹類じゃないんです。この驚愕の事実をつい先日知りました。

taraba01.jpg

タラバガニはどうやらヤドカリ類らしいです。ヤドカリ?あの殻をかぶっている?似ても似つかない気が・・。

カニは足が10本ですが良く見るとタラバガニは8本。他にも右の手(ハサミ)が左より大きいなどその根拠はいくつかあるそうです。タラバガニはカニの王様と言われているのに・・ヤドカリだったなんて。そういえばタラバガニだけカニ味噌を食べないなぁ。ヤドカリだからかな。

ま、カニであろうとヤドカリであろうと美味しければ良いんですけれどね!
【2005/11/12 00:41】 | かがく | コメント(0) | page top↑
企業のモラル
さて、最近話題になっております「フェロシルト問題」ですが・・。

来春から同じ業界に身を置く自分にとってはとても他人事とは思えない事件です。

「フェロシルト」とは石原産業(本社大阪市)が製造する土壌埋め戻し剤(土の代替品のようなもの)の製品名です。このフェロシルトは、同社の製品である酸化チタンの製造の際に出来る汚泥をリサイクルして作ったものであり、「環境に優しいリサイクル品」として県の認定を受けていました。京都・奈良・愛知・岐阜の四府県にまたがる広い地域でこのフェロシルトは使われていましたが、実はこの中に産業廃液が故意に混ぜられ続けていたというのがこの騒動の簡単なあらましです。

kn33.jpg

↑ 問題のフェロシルト(画像は三重県の環境HPより引用)
続きを読む
【2005/11/11 01:18】 | かがく | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。